toggle

30代女性の結婚できない特徴

2015-03-14

昔に比べると、結婚できない女性が多くなりました。でも実際には、昔のように結婚できないのではなく、結婚しない女性が増えているのです。口先では「結婚したい」と言っていますが、何だか本当に結婚したいのか伝わってきません。年収は○◯◯万円以上で、イケメンで、長男でなくて、貯金がそれなりにあって、自分のことをいつもずっとお姫様みたいに扱い続けてくれる男じゃないとね、と自らハードルを遥か彼方にあげてしまっているのです。というか絶対に存在しないような、漫画の中のヒーロのような男性を夢見ているのです。これでは、いつまでたっても結婚なんか夢のまた夢です。結婚は、夢でなく現実だということを知るべきです。

理想を追いすぎる

現実を見なければあまりにも理想を追いすぎる女性が昨今非常に多いです。需要と供給のバランスがとれていないのです。女性自身がそのバランスを崩していることに気付かないとなのです。「妥協」という言葉を覚え、理想ばかりでなく現実を見るようにしなければ、結婚することなど絶対にできません。結婚自体が超現実なのです。結婚して、思い知らされることは沢山あるのです。最初から、現実を見ていれば、そのギャップに落ち込むことも少なくなります。ところが、理想ばかりを追い過ぎていると、結婚して現実を思い知らされ愕然として立ち直れなくなるのです。そうならぬように、婚活の段階から現実をみるようにしましょう。

今の自分に満足しすぎで賞味期限を忘れている

最近は、女性でも仕事をバリバリこなし、男性より多くの収入を得ている場合も少なくありません。生活にも困らず、それどころか充実した贅沢な生活を送っていると、男性のことが面倒くさくなり、口では結婚といいますが、実際にはハードルを高くあげ、誰も男性が近づけないようにしている、なんて場合もあります。そういう女性は、プライドが高く、上昇志向が強く、同じような仲間に恵まれ、必ずしも面倒な男性を必要としていないのです。ならば一生独身を通せば、と思うのですがそうはいかない。女性には賞味期限がり、賞味期限切れになった後のことを考えると結婚しなければと思ってしまうのです。打算的なのです。しかし、そういう女性は、頭では将来のために結婚しなくちゃ、と思って「結婚したいと」口外しています。ですが、実際には自分の賞味期限を忘れてしまっていて、ハードルを高くしている場合が多いのです。まず現実を見なければいけません。結婚は、独りよがりで出来るものではないということを知るべきです。もし本当に結婚したいのなら…


関連記事