toggle

コロナの影響と男性二名がご成婚!

2020-08-25

記事を読んでいただいて有難うございます。

結婚相談所キングフィッシャー の垣内です。

今年の夏はいかがお過ごしでしょうか?

お祭りやイベントごとはほとんどなく、集まってもいけないので、例年と違う過ごし方をそれぞれの方がしなくてはいけないですね。

私は、自粛で出かけることは激減。面談がない時はシェアオフィスに行くことも控え、自宅で仕事をしています。

8月もあと数日、夏っぽいことをしてない方は、少人数BBQなど夏らしい遊びを急いでしないと夏が終わってしまいますね。24時間テレビも終わりましたし。。。

個人的には、コロナ対策で通っていたスポーツジムに行くのをやめていて、自分史上一番重い体重になっています!

夏っぽいことを求めてBBQで肉を食べるより、そろそろダイエットしないと本当にまずいと思っているこの頃です(汗

婚結婚相談所のコロナの影響

今年の4月5月は、当方では少しのオンラインお見合いを除いて、お見合いはほとんど延期になりました。

コロナ感染者が増えてる7月8月ですが、4月からのの自粛期間に比べ、多くのお見合いが組まれています。

お見合い成立に関しては、コロナ感染者増加前と変わらない状況に戻っています。

当方では4割ぐらいがオンラインお見合いでのお見合いになっています。

婚活での間接的なコロナの影響

コロナの捉え方はそれぞれの方で違いますが、その捉え方の違いから、交際終了や、不仲になっていくことが何度かありました。

感染防止対策をどのようにとりながら、デートをしたり、関係性を深めるか?も今は重要なポイントになっています。

そのリードができることも今の婚活では、進展に繋がるポイントになっています。

利用者さんに聞くと、zoomで話しを何度かしたと聞いたり、デートはテラス席のあるお店を予約してなど工夫している内容を聞かせていただけます。

車移動は基本で、密は当然避けて。

コロナのことだけでなく価値観や考えが全て同じということはないので、寄り添う気持ちや、承認、尊重をもてるようにするのも大切に思います。

今月は男性二名がご成婚です。

30代前半の男性二名が今月は成婚退会してくださいました。

成婚大会が決まってくださったお二人は、異性に好まれやすい方で、基本的に出会いだけを提供した感じです。

お一人の方は状況を定期的に伝えてくださったりはしましたが、自然と進展してくださいました。

あまり細かなことは、本人さんのことを思って今回書きませんが、今回のお二人に当てはまる女性から人気の条件を一点書きたいと思います。

親元から離れて一人暮らしをしている

親の居住地が県外などの遠方で、仕事の関係で親元を離れて暮らしているという条件は、女性から求められる有名な条件ではないように思いますが、結婚相談所の担当をやって、受けの良い条件だとわかりました。

親元でないので、結婚後も相手の親御さん、特に母親を気にせずに暮らせることもメリットに女性、また男性も思う方がいるようです。

多くの親御さんの考えが結婚相談利用の本人さんや相手業者さんから伝えられたりしますが、愛情があるからなのは重々承知の上でですが、相手にとって凄く理不尽に感じたり、マイナスになることも時にあります。

逆に親御様と仲良く出来る関係も当然有りますが。

いわゆる嫁姑問題。

それと男性にとっては嫁の母親問題。

時には親御様の宗教の問題が出たりすることもあります。

内容としては、二人で決めるようなことへの意見だったり、占いで言われたことに沿って進めようとされたり、担当者としては、勝手だな、本人さんが可哀想だと思うことも時にあります。

親御さんと関わらない方がいいという訳ではないですが、初めはどんな親御さんなのかわからないこともあり、リスク回避で長期休暇に帰るぐらいで済むほうが、女性または男性の本音では良いと思ってる方もいるように感じます。

逆に親御さんと同居希望。これを初めに提示されてですと、結婚相談所の常識として、お見合い成立になることはほぼありません。感覚としてですが、9割以上の女性が希望として男性の親御さんとの同居不可です。男性も女性の同居希望を承諾する方はあまりいません。

あと、シンプルにやっぱり一人暮らししてるということは女性からの好感度アップ。

個人的に自身にも昔から思いますが、ある程度の年齢になったら一人暮らしは絶対にした方がいい!

ある程度の年齢になった男性で一人暮らししたことがないはまずいですね。

女性の一人暮らしに対しては、世論としても様々な意見があり、安全面に対する配慮の意見も目立ちます。

最後に

9月26日に豊橋市主催の婚活セミナーの担当をさせていただきます。

やらせていただいて3年目になりますが、毎年内容は変えています。

一年目と二年目では、一年目は男女別に男女共で、データ中心の内容、二年目は男性のみ担当でクイズ形式や意見交換してもらう時間を設けながら一新して具体的な内容だったり、前例からやポイントを中心とした内容。

今年は男女別で男女とも担当させていただけます。

有益だったと思っていただけるよう、内容考案と資料作成をしていきたいと思っています。


関連記事